みかんの実についている白い筋について

今回はみかんの実についている白い筋について考察をのべたいと思います。また、私が思ったことをのべたいと思います。

 皮をむくと実に付いてくるあの白い筋、なんとかならないの?と調べてみたところ、実は体によい作用があることがわかりました。いつも丁寧に取り除く人は必見です。気にせず食べている人にはちょっと得した気分になります。

快糖茶は市販の販売店で取り扱いあり?購入して飲んだ効果と口コミ評価!

みかんの白い筋の正式名称は「アルベド」と言って、果実へ養分を運ぶための働きをしています。アルベドには食物繊維やビタミンが豊富で、特にビタミンPのうち、みかん由来ポリフェノール「ヘスペリジン」は実よりも身を包む袋や皮、スジに多く含まれ、含有量は袋で実の50倍、スジにはなんと100倍にもなります。
気になるヘスペリジンの作用、これまでに毛細血管の強化、血中コレステロール値の改善効果、血流改善効果、抗アレルギー作用、発がん抑制作用などが分かっています。冷えが気になる人向けのサプリメントの原料にも使われるヘスペリジン。辛い冬の冷えにみかんの白い筋に効果があるとは驚きでした。
つまり、筋を取る行為はこれらの作用を自ら捨ててしまっているということ。
この時期「筋を上手に取る方法」がたびたび話題になりますが、これからは「筋を残したまま食べる方法」が話題になりますね。
実、筋、皮までたべると美肌に!「ごぼう茶」で有名なアンチエイジングの南雲医師は食材を丸ごと食べる食生活を心がけているそう。そしてなんとみかんも外皮ごと食べるのだとか!みかんに限らず果物や野菜の皮は人間で言うと皮膚にあたり、美肌に有効なポリフェノールがたっぷり含まれています。実、筋、皮まで食べるのが究極だといえます。
さすがにみかんの皮ごと食べる勇気はありませんが、マーマレードやオレンジピールに加工すれば皮にある成分を取り入れることができます。干したみかんの外皮は「陳皮」漢方としてもつかわれるように、冷え解消に効果的。干した皮をお風呂に入れることなら誰でも実践できそうです。

このようにみかんには体に効果的な素質が備わっております。今後みかんを見かけた際にこのことを思い出して、健康的な体つくりに励みたいと思いました。