とある日のデートコース

3年も前の話ですが、恋人同士だったときのデートコースを振り返ってみようかなと思います。まず、わたしたちは、それぞれ違う県に住んでいたので、彼がわたしのいる街まで高速に乗ってやってきます。

結婚できない自衛隊へ!

だいたい一時間半以内で着く距離です。待ち合わせをして、わたしの地元の餃子屋さんへ。
ここは、皮がもちもちで、食べ応えもありますし、定食が650円と安く、よく行く私のイチオシを案内しました。

そして、その店の近くのかわいい猫達がいる猫カフェへ。実はわたしは猫があまり好きではありませんでしたら、しかし、彼が犬より猫のほうが好きなタイプということで、一緒に付いていくことにしました。

あまり触りたくない、でも動物が嫌いな人ともあまり思われたくなく、好感度のようなものを気にしてしまい、なんとか猫をなでたり、遊ばせたりしました。やはり慣れないのでわたしは顔が引きつっていたと思いますが、彼の楽しむ姿を見れて良かったと思いましたし、猫が遊ぶ姿も癒やされました。

その後、また近所のアーケードをぶらぶらと歩き、わたしが育った学区内の話などしながら、他愛もない話をして、夕飯前にはお別れをするという1日。振り返ると懐かしいです。いまは子供がいるので二人では出かけられませんが、いつかまたゆっくり二人で出かけたいものです。