ダイエットの本当の目的とは……

「美しくなりたい」これは女性の永遠のテーマではないでしょうか

そして「ダイエット」というものはとても簡単に取り組みやすいもので、一番身近な存在ではないでしょうか

体重を測って記録する、食事制限をする、運動をする、いろいろなダイエット本や記事で情報を集めて実践をしてみる、ある意味、趣味の一環とも言えるのかもしれません

しかし、あるときあるところで、ある言葉目にし驚いたことがあります

それは確か、ミスユニバースの日本代表になった方がどこかで語られていた言葉で、最近の若い子は、体重やサイズ、目に見える数字ばかり追いかけていて、肝心な体型というものが目に入っていない、というような言葉でした

同時に、ある統計では、最近の女性の平均摂取カロリーが戦時中よりも下回っているという情報が報道されていて、非常に衝撃をうけたことがありました

まさか、現代女性がそんなに食べていないとは……細い体型をキープするのがそんなに大切なことなのか……などなど、いろいろと考えてしまいました

実際私もいろいろなダイエットを試しました

食事制限が主に多かったのですが、キャベツダイエット、朝バナナダイエット、納豆ダイエット……ひどい時には、食べずに激しく運動をすれば痩せるのではと思っていたときもあります

毎日体重計にのり、朝から一喜一憂していました

確かにそのときは痩せていたけど、決して健康ではなかったような気がします

あのときはまだ若かったからできたものの、今同じことをやろうとしたら、体力がもたないどころか、どこかでぶっ倒れてしまうと思います……一人暮らしの身には恐ろしい事態です

しかしその報道をみて、私のダイエット意識はがらっと変わりました

体重計に乗らなくなったのです

その代わり、生まれたままの体になって鏡をみるようになりました

そして、どこをどう減らしたいか、どう食事制限をして、どう運動したらいいかを考えるようになったのです

やはり食べないと、日中の活動にも影響がでてしまうし、なにより自分の体によくありません

正しい方法、体に優しい方法をみつけ、自分にベストな体型を維持する……それがダイエットの本来の目的なのではないでしょうか?

最後までご覧くださり、ありがとうございました!