狭いところでもできる お尻ウォーキング

出産後、仕事に復帰してしばらくしてから初めてこの「お尻ウォーキング」という斬新なダイエットに出会いました。
それまでダイエットといえば運動か食事制限のみ。
何度かそれにトライして3キロはやせるものの、止めたら6キロ増えるという悲惨なリバウンドを繰り返していました。
当時、育児疲れや仕事でのストレスで体重が増え続ける上に体はガタガタの状態。

http://www.killingalltheflies.com/

体は重いし関節は痛いし頭はぼーっとする。
1年くらい体調不良が続いていました。
歳も若くはないし、ストレスにより暴飲暴食や運動不足で太り続ける意外にも理由があるのは分かっていました。
心当たりがあったのが「骨のゆがみ」。
私の場合は幼少期からランドセルの影響で肩の高さ、足の長さが左右で違うということ。

出産後は授乳や子どもと一緒に就寝することで寝る方向や姿勢がきまっていて、完全に骨盤が歪みまくっていることなどを自覚していました。
骨盤がゆがむと脂肪のつきかたがおかしくなり血流も悪くなるので代謝も悪くなるということらしいです。
それを解決したのがこのダイエット。
方法は床に座り、あしを前方に伸ばして両手は頭の後ろに組みます。

そして床につけたお尻で歩くという方法です。
歩くとはいってもお尻一個分が一歩、といった感じです。だからめちゃくちゃ狭いスペースでもできます。
前に5歩、そして次は後ろに5歩と歩きます。それを5セット。
かなり脇やウエストの筋肉を使いますが、痛いとか苦しいとかは一切ありません。
スポーツを苦手とする私みたいなタイプにはちょうどよい運動になります。

そうやってやった後に仰向けになって少し腰を揺らすと骨盤や背骨がまっすぐできるような感覚に。
そして背中にスーッと血流を感じるようになりました。
毎日することで今まで悩んでいた体の不調は改善され2週間で3キロ落ちました。

今ではたまにサボったりしますが結構楽ちんな方法なので再開しやすいのです。
詳しく調べたらヘルニアなどがある人は絶対駄目だということです。
でももしそうじゃなければ体重増加と体調不良がある女性にはおススメのダイエット方法です。