とある日のデートコース

3年も前の話ですが、恋人同士だったときのデートコースを振り返ってみようかなと思います。まず、わたしたちは、それぞれ違う県に住んでいたので、彼がわたしのいる街まで高速に乗ってやってきます。

結婚できない自衛隊へ!

だいたい一時間半以内で着く距離です。待ち合わせをして、わたしの地元の餃子屋さんへ。
ここは、皮がもちもちで、食べ応えもありますし、定食が650円と安く、よく行く私のイチオシを案内しました。

そして、その店の近くのかわいい猫達がいる猫カフェへ。実はわたしは猫があまり好きではありませんでしたら、しかし、彼が犬より猫のほうが好きなタイプということで、一緒に付いていくことにしました。

あまり触りたくない、でも動物が嫌いな人ともあまり思われたくなく、好感度のようなものを気にしてしまい、なんとか猫をなでたり、遊ばせたりしました。やはり慣れないのでわたしは顔が引きつっていたと思いますが、彼の楽しむ姿を見れて良かったと思いましたし、猫が遊ぶ姿も癒やされました。

その後、また近所のアーケードをぶらぶらと歩き、わたしが育った学区内の話などしながら、他愛もない話をして、夕飯前にはお別れをするという1日。振り返ると懐かしいです。いまは子供がいるので二人では出かけられませんが、いつかまたゆっくり二人で出かけたいものです。

私が恋愛で経験した話を書きます。

私は恋愛で経験した話を書きたいと思います。私は学生時代に体格がよくて体格が気に入ってお付き合いをした男性が今した。しかしながらその男性はだメンズだったのです。

結婚できない自衛隊へ!

何がダメだったのかというと、まずお金の使い方は荒すぎました。次に嘘をたくさんつかれました。所属しているサークルの練習があるといいながら毎回のようにいないので困っていたのですがそれが嘘だとわかりました。

また、仕事をしているといいながら結構休みの日が多かったので何をしているのか聞いたら親の手伝いをしているとのことです。なかなか遊ぶのも家の中と言うことが多かったので私はもう無理だなと思って自分から離れていきました。はじめて今までお付き合いをした中でダメンズといわれるような人とお付き合いしました。

もう二度とこんなことがおこらないように気を付けていきたいと思います。それからなかなか思い通りにはいきませんがもっと自立している人とお付き合いするように見極めるべきだと思いました。なかなか見た目だけでは判断できませんね。とても辛かったです。私はきっとあまりいい目がないんだと思います。人は第一印象が大事とは言いますがそれ以上に内面も大事だということを感じました。

遠距離恋愛で結婚するまで

私は遠距離恋愛の末、結婚しました。自分がまさか遠距離恋愛をするとは全く思ってもいませんでした。主人とは学生時代からのお付き合いでした。お互い社会人になり、忙しくて会う時間も少なくなっていましたが、毎日連絡は取るようにしていました。バツイチ婚活情報局 | 再婚相手が見つかる

主人が全国転勤の会社だったので、京都から岡山に転勤になりました。なかなかお互いの休みも合わず、喧嘩が多くなって結婚を意識しだしていた私は、結婚願望が主人にあるのかどうか分からず、別れを切り出しました。

しかし、主人には私と結婚したい気持ちがあったようで、もう少し付き合うことになりました。これを機にお互いの思っていることを本音でぶつかるように話し合いました。お互いの気持がわかったということで、遠距離恋愛でもお互いを尊重しあえるようになりました。

交換日記も始めて、主人の一人暮らしのマンションに月に1回は通ったり、京都と岡山の間の大阪で遊んだりするようになりました。遠距離恋愛開始から、2年が経とうとする頃に沖縄の転勤の話が出ました。主人は思い切って転職を考えてくれました。私との結婚を意識した転職だったので、転職活動を応援できました。今では私と主人の地元の京都で娘との3人生活を日々楽しんでいます。